vio脱毛をミュゼで体験したことをレビューします。気になる回数や料金も解説します!

MENU

vio脱毛の特徴

VIOとは、デリケートゾーンのことを言います。
Vラインはビキニラインのことで、身体の正面から見えるアンダーヘアを指します。

Iラインは性器周りの毛、Oラインは肛門周りの毛を指します。

デリケートゾーンの無駄毛

これらの部位を脱毛することを「VIO脱毛」あるいは「ハイジニーナ脱毛」と呼びます。ハイジニーナ(hygiene)は衛生という意味で、性器周りの毛を脱毛して清潔に保つことから、VIO脱毛は「ハイジニーナ脱毛」とも呼ばれています。

サロンやクリニックによって「VIO脱毛」「ハイジニーナ脱毛」と呼び方は違いますが、どちらもデリケートゾーンの脱毛で脱毛範囲はだいたい同じです。海外の女性、とくにアメリカやヨーロッパの女性は「アンダーヘアが生えているのは子供っぽい」と考えるひとが多く、大人になるとVIO脱毛する方ほとんどです。

ハイジニーナ脱毛を取り扱うサロン・クリニックが増えたことから
日本でもVIO脱毛するひとが増えています。

ただ、VIO脱毛の場合、サロンよりはクリニックの方が効果が早く
短期間で数回の施術で満足した結果を得られると人気となっています。

アリシアクリニック


その分、痛みもありますが・・・・痛みがなく3年間も通わないければならないサロンに比べると、クリニックの方が効率的です。VIO脱毛の痛みも通うたびに薄くなるので、感じにくくなります!

それでものんびりと脱毛サロンに通いたい方は、下記ランキングを参考にされてください!

VIO脱毛 おすすめサロン

ミュゼ

ミュゼのバナー

ミュゼのVIOライン脱毛は、トライアングル上・トライアングル下・Vライン(サイド)・Iライン・Oラインに分けられています。それぞれSパーツ(8回24,000円)です。Vラインは「完了コース」のため、通い放題4,800円です。これらをまとめて脱毛できるハイジニーナ7美容脱毛コースもあり、8回91,200円です。ハイジニーナ7美容脱毛コースには上記部位に加えて「へそ下・Vライン上」も含まれています。VIOラインを個別に契約すると8回で10万円以上かかります。ハイジニーナ7コースでまとめて施術したほうが安く、繋がっている部位をすべて脱毛できるので仕上がりもきれいです。

ミュゼの公式サイトへ

ディオーネ

ディオーネのバナー

ディオーネは「ハイパースキン脱毛」と呼ばれる、独自の脱毛方法で施術します。皮膚の浅いところに光を作用させるため、痛みや熱さをほとんど感じず施術できます。VIOラインもほぼ無痛で、ひりつきやチクチクを感じることもありません。VIOすべて脱毛できるハイジニーナコースは、12回120,000円、6回72,000円と低価格。ディオーネはコース完了後、追加メンテナンスを1回ずつ行うことができ、1回10,000円です。少し残ってしまった毛も、メンテナンスで処理して行けるので、完全につるつるを目指すことができます。VIOを整えたり、形を残して脱毛する「semiハイジニーナコース」も人気で、12回96,000円、6回57,000円。全部つるつるにするより安いので、形を残したい方はsemiコースが断然お得です。

ディオーネ公式サイトへ

TBC

TBCのバナー

TBCでは光によるライト脱毛と、電気によるスーパー脱毛の2種類の脱毛ができます。ライト脱毛は広範囲に光を当てる方法、スーパー脱毛は毛穴ひとつひとつに微弱電流を流して毛根を処理する方法です。スーパー脱毛は毛1本あたりメンバー価格119円、ビジター価格は143円です。ライト脱毛はビキニライン上・ビキニラインサイドはそれぞれSパーツ(8回17,600円)、トライアングル・Iライン・OラインはLパーツ(8回33,200円)です。契約後、施術する部位を変えたり、Lパーツ1回→Sパーツ2回に交換することも可能です。

TBCの公式サイトへ

エピレ

エピレのバナー

エピレではVライン上・VラインサイドはそれぞれSパーツ(8回17,600円)、トライアングル・Iライン・OラインはLパーツ(8回33,200円)です。エピレ初めての人限定プランとして「VIO5脱毛(ファーストプラン)」があり、こちらはVIOまとめて2回脱毛できて6,000円のお得コースです。このほか4回45,800円のコース等、VIOまとめて脱毛できるセットコースは複数あり、希望の回数に合わせてお得なコースが選べます。他部位もまとめて脱毛する方は、VIOも含む全身脱毛プランや、全身脱毛から10箇所選べるセレクト10プランがおすすめです。

エピレの公式サイトへ

脱毛ラボ

脱毛ラボのバナー

脱毛ラボではVIOラインを含む全身脱毛が、月額10,778円です。単発脱毛も行っており、Vライン・Iラインは1回4,298円、Oラインは1回3,218円です。単発脱毛は都度払いなので、痛みが心配なひとはまず単発プランを試してみましょう。お得な回数プランや自由に部位を選べるコース、まとめて支払うことで割安になるパックプランもあり、お得に脱毛できるサロンです。

脱毛ラボの公式サイトへ


エタラビ

エタラビのバナー

エタラビではVIOラインを含む全身脱毛ができます。顔、VIO込みの全身26部位脱毛が月額9,500円。全身から10部位選べるプランもあり、こちらは月額4,980円です。水着やローライズファッションに適した「ハイジニーナ脱毛(VIO脱毛)+腰脱毛プラン」も特別価格で提供されているので、カウンセリングで聞いてみましょう。エタラビでは毎月キャンペーンを実施しており、初月を安く、場合によっては0円で脱毛を始めることができます。

エタラビ公式サイトへ

ミュゼを選んだ理由

ミュゼでVIOライン脱毛をしてきました。

グランNU茶屋町店

ミュゼを選んだ理由は、VIOのなかのVラインが通い放題で
キャンペーン価格ワキ+Vラインが当時100円だったからです。ワキだけ脱毛しようかと思っていましたが、水着を着ると気になるVライン。

どうせなら一緒にVIOも脱毛してしまおうと両方安いキャンペーンを狙って行きました。
さっそく、公式サイトから予約をすると受付メールが来ました。

メールには「キャンペンーンを適応するためには、このメールのプリントアウトか、写メが必要です」とあったので、プリントアウトして持って行きました。

ミュゼのキャンペーン情報

カウンセリングの様子

私は大阪梅田にあるグランNU茶屋町店に行きました。
店内はとても広くて、明るく店員さんも多くて活気のあるサロンでした。

私がお店に入ったときは、待っているお客が5人くらい居ました。
みんな慣れている様子で、ウォーターサーバーからお水をもらったり
雑誌を読んだりしてくつろいでいました。

グランNU茶屋町店のカウンセリング

私は初めてのカウンセリングだったので、しばらく待合で待ったあと、カウンセリングスペースに連れていかれました。カウンセリングスペースは仕切りのある空間で、個室ではありませんでした。個人情報を入力するタブレットを渡されて、入力して待ちました。

店員さんが来て、カウンセリングが始まります。

店員さんは20代後半くらいで、マスクをしていて、可愛い雰囲気の方でした。
ファイリングされた資料を見せてもらって、ミュゼの脱毛のことや、だいたい何回で完了できるかを教えてもらいました。ミュゼはSSC式脱毛と呼ばれる方法で、冷たいジェルを塗ってから機械を当てるとのことでした。

ミュゼの契約書

「Vラインやワキは毛が太いので、最初はちょっと痛みがあるかも知れません!」と言われました。

「他の部位は検討されてますか?」と聞かれたので「今回はキャンペーンのだけでいいです」とキャンペーンメールのプリントアウトを見せました。「分かりました、契約書を作りますね」とすぐに契約書を作ってもらえました。

最初に入力したタブレットに契約内容がでてきて「これでいいですか?」と聞かれてOKしたら、タブレットにサインして終わりでした。

ミュゼの契約書

注意事項等を書いた書類を封筒に入れて渡してくれました。VIOラインの施術に使うためのテンプレ―トも一緒に入れてくれました。使い方を聞いたら「こちらをデリケートゾーンに当てて、このラインからはみ出したところをシェービングしてきてください」と言われました。

こちらが質問したことはとても丁寧に答えてくれるので、ミュゼの接客は気持ちが良いです。

最後に初回施術の予約を取りましたが、口コミで見るような「予約が取りづらい」ということは全然ありませんでした。会員カードに予約した日を書いてもらって、カウンセリング終了です。
最後はお店の外まで丁寧に見送ってくれました。

全然勧誘されなかったし、こちらの希望部位だけ契約できました。
お会計もキャンペーン価格で100円だけでしたし、脱毛の所要時間は40分くらいでした。

ミュゼの公式サイトへ

VIO脱毛のメリット

VIO脱毛をすることで、水着を着た時毛がはみでないというメリットがあります。

毛をすべて失くすこともできますし、一部を形を整えて残すこともでき見た目にきれいなアンダーヘアになれます。またVIO脱毛をすることで、生理のときに蒸れたりかゆくなったりするのを軽減することができます。

VIOゾーンの臭いは毛によって増長されるため、毛を失くしておくことでいやな臭いが上がってくるのも防げます。毛がないと、汚れや皮脂もたまりにくく、陰部を清潔に保つことができます。

ニキビやデキモノができやすい人、かぶれやすい人も
脱毛しておくと不快症状を軽減することができます。

VIO脱毛のデメリット

VIO脱毛のデメリットは「痛み」と「恥ずかしさ」です。

恥ずかしいさは慣れる

クリニックの医療レーザー脱毛もサロンの光脱毛も、毛の黒い部分に反応するため、毛が濃くて太いVIOはとくに痛みを感じやすい部位です。とくにIライン、Oラインは粘膜に近い部分になりますので、より痛みを感じやすくなります。

VIOの痛みが怖い方は、麻酔もできるクリニックか、痛みの少ない脱毛サロンを選ぶと良いでしょう。
VIOラインの施術はたいてい紙パンツを履いて行います。

施術者は紙パンツをすこしずつずらして恥ずかしくないように気を使ってくれますが
それでも恥ずかしいと思う方もいるでしょう。

こればかりは慣れるしかありませんので「恥ずかしくて無理そう」と思ったらVIO脱毛は諦めるか、Vラインだけの施術にしたほうが無難です。

ミュゼの公式サイトへ

外国人は脱毛して本当にツルツル?

外国人はみんなデリケートゾーンを脱毛していると聞いて「え、本当?」
「まさか、そんなわけないでしょう!」と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし実際、外国人の多くが、デリケートゾーンを脱毛しています。
理由としては「毛があると子供っぽいから」「暑くて蒸れるのが嫌だから」など。

外国人は、デリケートゾーンをすべて処理している

見た目のほか「剃ったほうが衛生的」という理由で剃っている人もたくさんいるようです。とくに暑い国のひとは、肌を露出した服を良く着ますし、陰部の蒸れを嫌って脱毛している人がほとんどのようです。外国人さんは着ている下着もキワドイものが多いので、見た目をよくするためにもVIOラインを脱毛しているのでしょう。

外国人の女性の多くがVIO脱毛しているので、当然外国人の男性は「女性は陰部をケアするもの」と思いこんでいます。外国人男性が日本人女性に対して幻滅するポイントとして、あげられるのが「アンダーヘア」なのは、そういった事情に起因します。

もちろん外国人であってもVIO脱毛していない人はいますし、陰部の毛に対する考え方はひとそれぞれです。日本人であっても、アンダーヘアを一切触らず放置している人もいれば、VIO脱毛してツルツルにしてしまっている人もいますから、個人の考えを尊重してケアしておけば良いでしょう。

VIOは、みんなどれくらい生えてる?

「私のあそこの毛、ひとより多いの?」「みんなどれくらい生えてるもの?」
と不安になったことありませんか?

自分のアンダーヘアーの量を比較する

VIO脱毛する時って、他人の毛の量が気になりますよね!
自分のが普通だと思っていたら、温泉に行ったとき全然生えてない友達を見てショックを受けたなんて人もいるはず。

VIOの毛が多いか少ないかは、Oの毛が指標になります。

日本人は、VラインもIラインも脱毛せずに生えているひとは多いですが、Oに毛が生えているひとはあまりいません!生えていても少しだけ、数えられる程度という人がほとんどです。

IラインからOにかけてびっしり毛が生えているとなると、ほかの人に比べて毛が濃いと言えるでしょう。また、Vラインも、真ん中あたりに少しだけ生えている人もいれば、ふとももの付け根までびっしり毛が生えている人もいます。

他の女性に聞いてみよう

なかにはおへその真下くらいまでしっかり生えているひともいて、こういったひとは、まわりに比べて毛量が多いと言えます。他人と比べることで、どれくらいVIO脱毛するか、どの程度まで毛を減らせばいいかの判断基準にもなりますから、親しいひとに「ぶっちゃけどれくらい生えてる?」「どの程度になれば恥ずかしくないのかな?」と脱毛のために聞いてみるのもいいでしょう。

VIO脱毛は今後もっと安くなるの?

VIO全体の脱毛価格は、安いところで1回6,000円くらいで
相場は1回あたり8,000円〜12,000円くらいです。

これ以上の値下がりは期待できない


VIOはデリケートなところなので、施術に時間がかかり、また施術者の技術も必要なことから、面積のわりに価格が高いというのが現状です。脱毛サロンがどんどん価格をさげてきていますから、VIOももっと安くなるのかも?と待っているひとも多いかもしれません。

いまのところ、VIOを専門とする脱毛サロンができていて、専門サロンは比較的安く脱毛ができるようになっています。しかし、大手サロンや全身脱毛サロンの場合、これ以上値段をさげてしまうと、品質の低下をまねく可能性もあるため、いまが一番安い状態と思ったほうがいいでしょう。

クリニックの方が増えてくる可能性が高い

どちらかというと、サロンよりクリニックのほうが、今後、脱毛の価格が下がる可能性が高いです。最近の傾向として、サロンからクリニックへ乗り換えるひとが増えており、顧客数が増えれば、自然と客単価も下げることができるからです。

ただしクリニックでの脱毛は、かなり痛いので、痛みが怖いひとは、高くてもサロンを選んだほうがいいかもしれません。

VIO脱毛!年齢別お手入れ方法

VIOのお手入れ方法、実は年齢によって異なるってご存知でしたか?

10代〜20代前半の女子は、ほとんどがカミソリやシェーバーでお手入れしています。
脱毛サロンやクリニックに通っているひとは、全体の半数以下。

そもそもその年代の女子は「アンダーヘアなんて、お手入れしなきゃいけないの?」という感じで、お手入れの必要性を感じていないひとも多いのです。脱毛するにしても、つるつるにしてしまうひとはその年代には殆どおらず、多くが逆三角形型や、台形(スクエア)型に毛を残します。

40代になると処理する割合が増える

VIOを脱毛するひとが増えてくるのが、20代後半〜30代です。20代後半くらいから、収入が安定して脱毛費用が捻出しやすくなるという理由もあいまって、VIOを脱毛処理するひとが増えます。

VIOをケアしているという人の65%が、脱毛サロンやクリニックでの脱毛を施術を受けています。この年代になると、毛をすべてなくしてつるつるにするひとの割合が増えます。また、残すにしても「限りなく細い四角形型に残す」「限りなく細い逆三角形型に残す」など、残す量が少なくなるのも特徴です。

VIOの毛なんて、ないほうが楽、見た目もいいと思っている女性が、この年代に多いということでしょう。40代以上になると、さらに脱毛サロンやクリニックで脱毛処理する割合が増えて、全体の70%以上になります。お金にも余裕ができる年齢層なので、デリケートゾーン脱毛を含む全身脱毛をしているひとが多いようです。

40代以上のひとになると、全部なくしてつるつるにするより、少し毛を残すひとが増えます。
卵型や、キュートな形に残すひとが増えるのも、この年齢層の特徴です。

エタラビ広島店に契約に行きました